田舎暮らし物件専門の不動産サイト 株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション

田舎暮らし専門の不動産情報サイト「Rurbanist-ラーバニスト-」株式会社マイプラン・エス・テイ・コーポレーション
               
リフォーム実例 第14回【車庫】
車庫本体の販売価格 ※1台分の場合
・パイプ車庫 約5〜8万円
・カーポート(片流タイプ) 約10万円〜
・カーポート(両足支柱) 約15万円〜
・かまぼこ車庫 約50万円〜

※調査した価格ですが、この価格を保証するものではありません。

※パイプ車庫は自己設置のものが多いようです。

カーポートとかまぼこ車庫の設置工事費などは、業者へお問い合わせください。

【車庫の種類と効果】

 自動車を駐車するスペースの呼び名には色々な種類がありますが、広告などの表記ではそれぞれに違いがあります。車庫と表記する場合は車を入れる建物を意味し、柱と梁、壁、屋根があるものを指します。エクステリア部材の簡単な屋根の付いたものがカーポート、屋根のない、車を置くだけの場所ならカースペース。また、ガレージは車庫と同じような意味で使われることが多く、住宅に組み込んだ車庫をビルトインガレージと呼びます。つまり一般に車庫と呼ばれるものは、カーポートと車庫(ガレージ)の2種類となります。

 常に走っているように見えても、そのほとんどの時間を駐車場に停めているのが自動車です。屋外に駐車している場合、強力な紫外線・雨・砂埃などの厳しい環境にさらされ、雪が降る地域では乗りたい時はまず車周りの除雪作業から…という手間がかかってしまいます。

車庫の長所

カーポートの長所

・風雨、風雪、猛暑など全天候に適す。

・紫外線に当たらず、塗装や部品の劣化を抑える。

・耐久性に優れる。

・物置などのユーティリティスペースとして活用できる。

・周囲の目を気にしない使い方ができる。

・木材を基調としたガレージでは、増築や補修等、ある程度の自由度があり拡張がしやすい。

・キット商品として販売されているため、設計が不要で安価な商品が多い。

・キット商品のため、基礎工事以外は簡単な組立で済む。

 

 

 

 

 

車庫の短所

カーポートの短所

・キット商品から自由設計と選択肢が広いが、部材点数が多いため価格が高くなる。

・自由設計になると作業工程が多いため、施工日数が長い。

 

 

・車のサイズや台数が増えた場合、本体自体の取替工事が必須となり、自由な拡張が困難。

・車専用となるため物置としては使用できない。

・屋根があっても基本的に屋外のため、雨や紫外線による劣化は避けられない。

 

【パイプ車庫】

車庫の中で最も安価。

パイプにポリエチレンや塩化ビニールを

コーティング加工したシートをかけて使用

【カーポート】

1〜6台分まで駐車可能なタイプに分かれ、

幅広く対応できる。

片流タイプもあるが、雪国では

できるだけ両足支柱タイプを!

【かまぼこ車庫】

新潟県等、豪雪地帯で多く見られる。

屋根が丸いため雪下ろし不要で

農機具の設置保管にも最適。

【ビルトインガレージ】

近年の住宅に多く見られる、

建物の一部を車庫にしたもの。

室内への出入りが楽で、

鉄骨構造のため耐久性にも優れる。

▼バックナンバー

第1回「須川様宅リフォーム」(2010年9月)  / 第2回「トイレ」(2011年春)
第3回「フローリング」(2011年夏)       / 第4回「外壁」(2011年秋)
第5回「塗り壁・土間」(2011年冬)       / 第6回「浴室・台所」(2012年春)
第7回「天井」(2012年夏)            / 第8回「T様宅リフォーム」(2012年秋)

第9回「雪囲い」(2012年冬)          / 第10回「消雪パイプ」(2013年春)

第11回「サッシ・襖」(2013年夏)       / 第12回「白アリ駆除」(2013年秋) 

第13回「薪ストーブ」(2013年冬)       / 第15回「茅葺屋根」(2015年春)

第16回「畑の開墾」(2015年夏)